waka_logo.png

入会案内・会則

入会案内

和歌文学会に入会希望の方は
(1)例会・大会の際に直接受付で申し込む。
(2)会則を読んだ上、「入会申込書」(入会申込書ダウンロード)に必要事項を記入し、事務局に郵送する。
(3)会則を読んだ上、「入会申込書」(入会申込書ダウンロード)に必要事項を入力し、事務局
  (wakabun☆tsurumi-u.ac.jp)に添付ファイルで送信する。 上記のいずれかの方法でお申込みください。

    入会金 1000円 ※大学生・大学院生は免除
    年会費 5000円

  [ 和歌文学会会則 ダウンロード(Microsoft Word ファイル)]
  [ 入会申込書 ダウンロード(Microsoft Word ファイル)]

(2)の方はダウンロード後、印刷し、太枠内と申込み年月日をご記入の上、下記に郵送して下さい。

    〒230-8501
    神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
    鶴見大学 6号館
    中川博夫研究室内
    和歌文学会事務局

(3)の方はダウンロード後、ファイルに必要事項を入力し、下記のアドレスに電子メールの添付ファイルにて送信して
   ください。
    wakabun☆tsurumi-u.ac.jp

申し込み後、次の口座に入会金・年会費をお振り込みください。【重要】

    郵便口座番号 00100-1-603324
    加入者名 和歌文学会

入会金・年会費振込確認後、入会が承認されます。
※お手数ですが、振込用紙の通信欄に「和歌文学会入会希望」とお書き添えください。

【メーリングリストのご案内(会員限定のお知らせ)】

例会、大会等の案内はホームページ、ブログを通して行っていますが、希望される会員の方に限りメーリングリストでもご案内しています。 新規にご登録を希望される方は、ご芳名と配信先メールアドレスを以下の文例に従って明記の上、
    registration☆wakabun.jpn.org
までメールをお送り下さい。メールアドレスのご変更があった場合もご連絡ください。
    件名:登録 本文:小野 小町、オノノ コマチ
     ※「漢字氏名」「、(読点)」「ヨミガナ」の順。ともに姓名の間は全角1マスあけて下さい。
     ※「ヨミガナ」の後、改行して下さい
        komachi☆6kasen.xxx
     ※メールアドレス:パソコンのアドレスを推奨します。
     ※メール送信後、メーリングリストから登録完了のメールは送りません。ご了承下さい。
      メーリングリストへの登録はホームページ部会員の手作業です。
     ※収集した個人情報を、本目的以外には利用、提供致しません。登録は和歌文学会員に限るものとします。

和歌文学会会則

昭和三〇年六月実施  昭和五三年一〇月改正 昭和五六年一〇月改正
平成八年一〇月改正  平成九年九月改正   平成二四年一〇月改正

  第一章 総 則
第一条 本会は、和歌文学会と称する。
第二条 本会は、和歌文学並びに和歌に関係深い諸科学の助長発達をはかることを目的とする。
第三条 本会は、次の事業を行う。
(1)機関誌・年報(会員名簿)・資料等の刊行
(2)研究会・研究発表会・展覧会・講演会等の開催
(3)その他の目的を達成するに必要な事業
  第二章 会 員
第四条 会員は和歌文学並びに和歌に関係ある諸科学の研究に従事し、かつ委員会の承認を経たものとする。
第五条 会員は入会金一〇〇〇円、会費五〇〇〇円を納付するものとする(ただし大学生、大学院生に限り入会金を     免除する)。
第六条 会員は機関誌に投稿し、本会主催の会合に出席し、研究会において研究を発表することができる。又、機関     誌の配付を受ける。
  第三章 役 員
第七条 本会に次の役員をおく。
(1)代表委員(2)常任委員(3)委員(4)会計監査
第八条 委員および会計監査は総会において選出する。常任委員は委員の互選により、その内一名を代表委員とする。
第九条 代表委員は本会を代表し、常任委員は会務を執行し、委員は会務の審議に当り、会計監査は会計の監査に当る。
第一〇条 役員の任期は二年とする。ただし、重任を妨げない。
第一一条 本会に顧問若干名をおき、総会において推挙する。
  第四章 事 業
第一二条 本会の事業は総会の議に基き、常任委員がこれを企画し、執行に当る。
第一三条 本会の事業は毎年総会に報告する。
  第五章 会 計
第一四条 本会の会計は、会費及びその他の諸収入によって賄う。会計年度は毎年四月一日から翌年三月三一日までと      する。
第一五条 会計報告は総会において行う。
  第六章 総 会
第一六条 毎年一回総会を開く。ただし必要ある場合は臨時にこれを開くことができる。
第一七条 総会の運営に関して必要な事項は別に定める。
  第七章 事務局
第一八条 本会に事務局をおき、常任委員が事務処理に当る。
  付則
(1)本会則の変更は総会の決議による。
(2)本会の事務所は鶴見大学6号館 中川博夫研究室内におく。
(3)本会則は昭和三〇年六月から有効とする。
                                          以上

ページのトップへ戻る